感染予防事業所応援プロジェクト始動

 霧島市地域密着型サービス事業者連合会は霧島市と連携し感染予防事業所応援プロジェクトを進めています。

 そのプロジェクトのひとつですが、新型コロナウイルに関する知識、ウイルス感染予防対策及び、万が一施設内で新型コロナウイルスの感染が発生した時のPPE脱着方法などについて 看護師資格を有するライフサポートワーカーが派遣依頼のあった事業所で講義を行います。

 本日は、1回目の派遣依頼先(地域サポートセンターよいどこい)での講義でした。
当日まで、担当となったライフサポートワーカーが事前に学び、準備を進めてきました。派遣先の事業所では、職員、利用者様も一緒に新型コロナウイルスの特性や感染予防の手洗いなどを学びました。

 事業所の職員も日々、感染に対する不安と緊張の中、職務を務めていますが、
ウイルス感染についての内容を知ることとで、むやみに怖がらず、しっかりとした感染予防と対策ができることと思います。

 講義の後も、実際にPPEの脱着の実習を受けた職員から、質問や意見もあり、いざというときに、慌てず実践できるのは事前の知識と準備があってこそと感じました。



コメントを残す