感染予防プロジェクト勉強会案内

霧島市地域密着型サービス事業者連合会では、ライフサポートワーカーの看護師チームが依頼のあった飲食店、事業所で感染予防の勉強会を開催します。
受講された事業所には連合会オリジナルの連合会認定のステッカーを進呈します。
      ※勉強会の申込みはこちらから

地域密着型サービス事業者連合会認定ステッカー

シンポジウム『身寄り」がなくても安心して暮らせる共生のまちを目指して

2021年8月26日(木)14時~17時
一般社団法人サツマスタ主催、霧島市、社会福祉法人霧島市社会福祉協議会と共に霧島市地域密着型サービス事業者連合会も共催として開催しました。

資料

参考資料

感染予防事業所応援プロジェクト

現在行っている感染予防事業所プロジェクトの感染予防アドバイザーの派遣、
8月27日(木)はグループホームゆめ 参加者(スタッフ14名、利用者様6名)
8月30日(日)は小規模多機能ホーム陽だまりの職員研修として20名のスタッフ参加で開催しました。

 参加者の感想
・正確な知識で冷静な対応と言う事で、研修を受けさせて頂き実際コロナウイルスに関する知識はTV等の情報でしかなくて今更ですが「そうなんだ」と学ぶことが多い時間でした。資料の中にもありましたが、今私に出来ることをこの研修を機に、予防等について考え直す良い機会となりました。
・自事業所の伝達研修やテレビ等の情報収集に努めていたが今回の研修で、実習を含め再確認する事で、正確な知識を持って感染予防に努めて行きたいと思います。

現在も、派遣を希望される事業所を募集しています。

感染予防事業所応援プロジェクト

感染予防事業所プロジェクトの感染予防アドバイザーの派遣
8月25日はグループホーム隼人で行いました。

受講された職員より感想を頂きました。

1・説明がとても分かりやすくスムーズに進行され良かったと思います。勉強になりありがとうございました。
2・説明もわかりやすく、ガウンテクニックも実践でき詳しく教えていただけたので良かったです。
3以前、感染予防委員会で学んだことがあるものの、いざ実践してみると忘れていることも多く、皆の質問や意見で気づかされる事も多々ありました。
使い捨て手袋の外し方など普段の介護より実践しようと思います。
4・コロナウイルス感染予防策に対して正確な手順が理解でき今後、必要性がある場合実行していきたいと思います。
5新型コロナウイルス感染症について・わかりやすい資料、映像を通して感染症についてとても良く理解することが出来ました。
手洗い、防護具の着脱についても今まで苑の研修会で学んだことを再認識することとなり、このような研修会を持つことの大切さを感じました。
コロナに感染しない、させないように日常の生活で気をつけていきたいと思います。                     
                            以上

職員の皆さんも改めて感染予防の大切さ、また、万が一感染が発生した時の対応について考える時間になったようです。

感染予防事業所応援プロジェクト始動

 霧島市地域密着型サービス事業者連合会は霧島市と連携し感染予防事業所応援プロジェクトを進めています。

 そのプロジェクトのひとつですが、新型コロナウイルに関する知識、ウイルス感染予防対策及び、万が一施設内で新型コロナウイルスの感染が発生した時のPPE脱着方法などについて 看護師資格を有するライフサポートワーカーが派遣依頼のあった事業所で講義を行います。

 本日は、1回目の派遣依頼先(地域サポートセンターよいどこい)での講義でした。
当日まで、担当となったライフサポートワーカーが事前に学び、準備を進めてきました。派遣先の事業所では、職員、利用者様も一緒に新型コロナウイルスの特性や感染予防の手洗いなどを学びました。

 事業所の職員も日々、感染に対する不安と緊張の中、職務を務めていますが、
ウイルス感染についての内容を知ることとで、むやみに怖がらず、しっかりとした感染予防と対策ができることと思います。

 講義の後も、実際にPPEの脱着の実習を受けた職員から、質問や意見もあり、いざというときに、慌てず実践できるのは事前の知識と準備があってこそと感じました。