霧島市「みまもりあいプロジェクト」開催

令和3年11月1日(月)
霧島市 主催 霧島市地域包括支援センター・霧島市地域密着型サービス事業者連合会 共催 にて 霧島市「みまもりあいプロジェクト」~安心して一人歩きができる地域づくり~と題し捜索支援アプリの体験会を開催しました。

午前の部では、地域の民生委員、児童委員、地域見守り支援員、家族介護者、等霧島市民を対象として、午後の部では 霧島市内の介護・医療事業所職員を対象として行いましたが、全体で250人以上の方に参加頂きました。

このアプリは、認知症の方に限らず児童などの行方不明の捜索にも使用できます。霧島市に在住の多くの方が、このアプリを使用することで行方不明者を早期発見することが出来ます。
今後もアプリ普及の活動を進めていきます。

見守りあいプロジェクト

「2020年認知症やその疑いによる行方不明届出数=1.7万件」。私たちは、この課題を解決するために地域が持つ助け合いの心「互助」を「ICT技術」がサポートする発想で生まれた「捜索支援アプリ(みまもりあいアプリ)」と「みまもりあいステッカー」を使って、地域で助け合える協力者を増やし、見守り合える街を育てる「みまもりあいプロジェクト」を開始。個人情報を保護した状態で家族が直接協力者に捜索依頼ができ、発見した際にも、お互いの電話番号が非表示の状態でご家族と連絡が取り合える日本初の技術。地域が主体となり、見守り合える街を育てることが可能になります。

コメントを残す