「しあわせ物産館」開催しました

3月3日土曜日、「しあわせ物産館」開催しました。
当日は、朝から雨の予報もあり会場の設置は予定より変更し、霧島市役所のホール等を使用しての開催となりました。雨が降ってでの開催にもかかわらず、多くの方にご来場頂きました。

ステージは国分南中学校の1年4組の皆さんのダンスから始まりました。小雨が降る中でしたが、子供たちの元気で団結したダンスに感動しました。

続いて、昨年900点余りの作品から選ばれた「未来の車椅子」スケッチ大会の絵を実現とする為に、1年間で制作してものをお披露目しました。ステージには未来の車椅子の絵を描いてくれた濵田さんにも来て頂き、試乗も行いました。この車いす製作にあたっては、霧島市内の企業の方に協賛頂き、第一工業大学の先生方、介護事業所勤務の東園さんのご協力で実現することができました。

その後、今年行われた「未来のきり島」スケッチ大会の受賞式、未来の霧島トークディスカッション、ストリートピアノ、見ごたえのあるステージとなりました。

ブースの方も昨年人気だった、たまごのつかみ取りやマス釣りキッズコーナーも昨年同様、賑わいましたが今年から参加いただいている障害者施設の方の販売や、横川在住の長丸修一氏の絵画展示や実演コーナーとブースの方も楽しんで頂けたと思います。

今年は、実行委員会に障害者施設の方々も参加して頂き、意見を頂いたり、ご協力頂いたこともあり、昨年より一層充実した内容になりました。

冷たい雨の中、ご来場頂いた皆様、雨に濡れながら頑張って運営して下さったライフサポートワーカーの皆さま、関係者の皆さま有難うございました。

 

コメントを残す